子供のいたずらでトイレがつまって大パニック

どこのご家庭のお子さんも、ある程度の年齢になればいたずらの一つや二つはするものでしょう。そしてそのいたずらによって、親は常に困る。それが子育てにおける一つの試練でもあると思います。しかし、そんなイタズラでも程度というものがありますので、あまりにも酷いイタズラをされてしまうと親としても取り乱してしまうことがあるものです。うちも物心つき始めた子供がおり、その子供があるイタズラをして大パニックになったことがあります。

どのようなイタズラをして、大パニックになったのかというと、トイレにたくさんの物を投げ入れてそれを流してしまうというイタズラでした。そこに投げ込んでいたものはトイレットペーパーのようなきめ細かいものはもちろん、ミニカーであったりレゴのブロックであるなど本当に多種多様です。そしてその投げ込んだ様々なものがどのようになったのかとというと、お察しが付くかもしれませんが見事にトイレの排水に詰まって水が流れなくなってしまいました。

差し込み便器

しかし、この状態で終わっていればまだパニックには陥っていません。子供は水が詰まっているにも関わらず、さらに水を流そうとして何度も流水レバーを回し、便器内部の水をどんどんと溢れ出させていたのです。これにはびっくり仰天です。トイレの便器に入っている水が溢れ出ているわけですから、トイレの床一面が汚い水で汚染されていっていました。私がそのいたずらに気づいたのは、ちょうど子供がレバーを回すのに飽きてトイレの床が汚染水にまみれていたころでしたので、一番最悪な状況の時だったと思います。この後、必死でトイレの床を掃除して、そして水道業者を呼んで詰まってしまった異物を取り除いてもらったのは言うまでもありません。

うちの子供はここまで大変なイタズラをするとは思いませんでしたので、予想外でした。しかし、今回についてはパニックついでに酷く怒ったので二度と同じことはしないでしょう。